鯖コップ

何かテンプレートを配布しているらしいですよ。奥さん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

Eclipse導入

MacからWinに乗り換えて早一ヶ月。
Macを使っていたときは、JavaやC言語なんかはシェルでゴリゴリコンパイルしてました。だからWindowsでも同じようにCygwinでも使って開発しようかなぁと思っていたら、先生に鼻で笑われたんですよ。「普通はEclipseを使って開発するんだけどねぇ」とか言われて。
Windowsに乗り換えたらシェルは使わないほうがいいんですかね。結構tcsh気に入ってたのに、残念です。

ということで、Eclipseをインストールすることになりました。

以下、Eclipse導入メモ

1. 本体のインストール
ダウンロードページから、アーカイブファイルをダウンロード。(この時点での最新バージョンは3.0.2)
Windowsだとファイル名はeclipse-SDK-3.0.2-win32だった。
インストーラーは無いので、展開してできたeclipseフォルダを適当な場所に置いて完了。「C:\eclipse」

2. JREのインストール
SUN JREを使うと日本語表示の時にバグるらしい。だからIBM JREを使う。
IBM Development Package for Eclipseをダウンロード。
解凍してできたフォルダの中にjreフォルダがあるので、それをeclipseフォルダの下にコピー。「C:\eclipse\jre」
ちなみにIBM Development Package for Eclipseはユーザー登録が必要だった。

3. 日本語化
Eclipse Language Packから、SDK Language Packをダウンロード。
Windowsならファイル名はNLpack-eclipse-SDK-3.0.x-win32だった。
(Lhaplusではうまく解凍できないらしいのでLhasaという解凍ソフトを使った。)
解凍してできたフォルダの中のfeaturesフォルダ、pluginsフォルダをeclipseフォルダの下に上書きコピー。

4. Eclipse起動
Eclipseのショートカットを作り、リンク先をC:\eclipse\eclipse.exe -cleanに直して一度だけ起動する。
Eclipseが日本語化していたら良し。

5. J2SE SDKのインストール
このままでもEclipseは使えるが、javadocマニュアルを参照するためにJ2SE SDKをインストールする。
Java 2 Platform, Standard EditionからJ2SE 1.4.2をダウンロード。

あれ?J2SE SDKがインストールが出来ない。
何かインストーラに管理者権限がどうたら言われる。ちゃんと管理者権限のあるアカウントなのに…。何故だぁーーー

スポンサーサイト
更新日
2005/04/06
カテゴリ
computer
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://sabacop.blog6.fc2.com/tb.php/10-baaef4e3

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。