鯖コップ

何かテンプレートを配布しているらしいですよ。奥さん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

div恐怖症患者の手記(※0)

div病という病気がある。(※1)
専らCSSによるデザインのために、<div><span>を頻繁に利用するという症状があり、主にネットや書籍などで感染するらしい。
しかし私はそれよりももっと発生率が低く、治りにくい病気にかかってしまった。
div記述恐怖症である。
div病に冒されることを極度に怖がるあまり、明確な意味付けがなされたdiv、文書のグルーピングをする為に必要なdivまでも記述することができなくなる病気だ。
一見するだけではハイテクニックなCSS職人との区別が付けられないこと(※2)、日常生活に支障を来すことが少ないこと等から、病気を見つけることが困難らしい。(※3)
しかし、テンプレート職人としては大変厄介な病気である。
なぜならばdivがまったくない、カスタマイズが非常に困難なテンプレートしか作れなくなってしまうからだ。(※4)
私はテンプレート職人生命が経たれない為にも、セラピーに参加することにした。
div記述恐怖症が一刻も早く治ることを祈るばかりだ・・・・。

※0
この話は7割嘘、3割真実なので信じてはいけません。我ながらブラックジョークすぎるなぁ。
※1
div病に関してはDIV病を参照。
※2
言うまでもないが、「divの使用をしていない=div記述恐怖症」である訳ではない。
※3
divの使用を控えるのは妥当だし一般的な流れでもあるため、自覚症状がなく発見が困難。R'styleさんと洵さんの記事を読むことにより自覚する。
※4
CSSハックを多用したdiv一つないテンプレートか、論理的な意味付けがされたdivのあるテンプレートか。どちらがカスタマイズしやすいかは自明である。
スポンサーサイト
更新日
2005/07/14
カテゴリ
diary
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 1

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://sabacop.blog6.fc2.com/tb.php/61-6cdea063

プロジェクト始動!

鯖コップ div恐怖症患者の手記(※0)これは面白い記事ですね。おっしゃられている意味は私にもよくわかります。私もある意味そうかもしれないので。私が HTML というものに興味を持つきっかけとなり、多大なる影響を受けたのは HTMLの定義のための覚書 というサイトです。こ ...

送信日時
2005/07/16 10:18:34
送信元
Primary Planet

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。